HOMEアクセス

石あかり Side trip at 洲崎寺
粋衆たちの夜 Tameトリオvsくりきん

8月6日(土)19:00~ ※18:30開場
粋衆たちの夜 Tameトリオvsくりきん

石あかりSidetripにはなくてはならない、ふたつのユニットで2016年は幕開け。牟礼庵治のまちを愛する「粋衆」たちにるいまま組の粋衆・浪速ブルースの「tame」と、めちゃもてSAXの「きんじ」が贈るジャンルをこえた熱いステージをどうぞ。

<出演>
Tameトリオ(Gt:Tame3/Pf:児玉れえこ/Pr:斉藤涼子)
くりきん(Sax:金澤きんじ賢治/ Pf:石川くりす由美)

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)


The Percussionist 森ゆき子/合田佳織

8月20日(土)19:00~ ※18:30開場
The Percussionist 森ゆき子/合田佳織

パーカッションニスト「森ゆき子」と「合田佳織」が打楽器だけでつくりだす魅惑の世界。
見どころは、今年1月急逝された石屋の島本親方が残してくれた庵治石の石琴とガムランの初共演。
庵治石のガムラン音楽に乗せ、ゲストのバリ舞踏家・岡本知恵子が踊ります。

<出演>
パーカッション:森ゆき子、合田佳織
GUEST:岡本知恵子(バリ舞踊)
庵治石 石琴・ガムラン制作:島本壽

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)


女ふたり語り 怪談「赤い櫛」

8月27日(土)19:00~ ※18:30開場
長島槇子著「遊郭のはなし」より
女ふたり語り 怪談「赤い櫛」

落語の「春日家みっち」、演劇の「中越恵美」。熟してますます女っぷりのあがったふたりが織りなす郭の怪談話。今回初演となります。お尻の青い女には表現できない「女の世界!」演じてもらいます。

<出演>
構成:るいまま
語る女たち:春日家みっち、中越恵美

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)


再び JUDY&みれい!

9月3日(土)19:00~ ※18:30開場
再び JUDY&みれい!

去年の石あかりSidetripLIVEの初コラボで、誰もの記憶に残るライブステージを作ってくれた「上川美鈴」と「JUDY」。このLIVEをきっかけに、このユニットでの活動もはじまりました。今年の夏は、ますます磨かれた再びの笑顔と歌声を。

<出演>
ピアノ弾き語り:上川美鈴、JUDY

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)


フラメンコ夛田順子 with ベリーダンス紫帆

9月10日(土)19:00~ ※18:30開場
フラメンコ夛田順子 with ベリーダンス紫帆

石あかり12年目の夏は、念願だったフラメンコ「夛田順子」とベリーダンサー「紫帆」の共演が実現。身体表現だけで作られるステージは、一瞬も目を離せない時間となります。

<出演>
フラメンコ:夛田順子
ベリーダンス:紫帆

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)


音楽と言葉客席と「真夏の夜の夢」 るいまま版初演

9月17日(土)19:00~ ※18:30開場
音楽と言葉客席と「真夏の夜の夢」 るいまま版初演

2016年、るいまま描き下ろしは、シュークスピア没後400年記念「真夏の夜の夢」。シェークスピアが活躍したころの演劇は、今のような舞台ではなく、役者は脚本も渡されず、ト書きもほとんどなく、役者のみならず観客も含めての演劇でしたから、毎日のように変化していました。残された短い翻訳文から起こした るいまま版「真夏の夜の夢」は、そんな時代の雰囲気を残して、るいまま組オールスターズの登場です。

<出演>
作・構成・語り:るいまま
音楽:二胡・渡邊陽子、シンセサイザー・上野慶子、ピアノ・松浦美恵
演じるひと:米田優、日下ゆう子、宮武洋絵、石川由美、千葉さと
ダンス:関口糸枝、 声:児玉れえこ
客演:細川康秀、鈴木康成、渡邊朋紀、金澤賢治ほか

公演は無料ですが ドリンク代500円が必要です。
※予約:087-845-2663(洲崎寺)、090-3783-6239(るいまま)