HOMEアクセス

石あかりロードとは

開催地の香川県高松市牟礼町は、世界一高価な花崗岩“庵治石(あじいし)”の産地として有名です。

また、この庵治石が採れる山の麓には、隣町の庵治町とあわせ約300の石材店が軒を連ね、今では“日本一の石材産地”として頑張っています。

そんな“石の町・牟礼町”には、源平屋島合戦(1185年)の史跡が数多く残され、2005年に放映された「大河ドラマ・義経」の影響で脚光を浴びました。

2004年4月、当時の町長の呼びかけによって、牟礼町をもっと元気な町にするための「むれ源平まちづくり協議会」が発足しました。

これが「石あかりロード」誕生への記念すべき第1歩となりました。

協議会には、町内外の有志が集い、「原風景」をテーマに牟礼町の良さについて何度も議論しました。

そして、行き着いたのが、やはり「源平史跡」と「石材産業」でした。

しかし、この時代背景も違う2つを一緒にPRする事は容易ではありませんでした。

そんな中、「大河ドラマ・義経」の屋島合戦シーンの放映日が近づき、源平史跡をライトアップしようという企画がでました。

ただ、史跡と史跡は少し離れていて、ライトアップしても人は歩いてくれないだろう・・・

そこで史跡と史跡をつなぐために、石あかりを間に設置するアイデアがだされました。

これが「石あかりロード」です。

これにより「むれ源平まちづくり協議会」が目指した“牟礼町の2つの良さ”をコラボレーションさせることが出来ました。

その地域の歴史、その地域の産業、そして、その地域に住むひと が一体となったイベント。

それが“むれ源平石あかりロード”です。


むれ源平石あかりロードは国土交通省の日本風景街道に登録されています。

また、平成20年に香川県より第6回かがわ21世紀大賞を受賞、平成22年に国土交通省の平成21年度「手づくり郷土賞」一般部門に選ばれました。

石あかりロード石あかりロード石あかりロード石あかりロード石あかりロード石あかりロード石あかりロード石あかりロード

ごあいさつ

実行委員長
実行委員長 松山 滋

この通りに、夏の2ヶ月、石あかりの道が現れだして10年。
「こんばんは」
「どこから来たの」
「お久しぶり」
「元気だった?」
「ありがとう」
いろんな言葉が交わされ、いろんな物語が紡がれた。

今年もまた、誰かの心にあかりが灯りますように、
心がふんわり幸せになりますようにと、
ひとつひとつの石あかりに思いを込めて準備がはじまる。

石あかりがぽっと灯った夕暮れ、
この町にあなたの思い出を探しに来て下さい。
あなたの思い出の中に、優しい言葉を刻んで下さい。

石あかりロードがはじまって8年。たくさんのみなさまにお越しいただき、出会いのロードとして、いくつもの灯りをともしました。
今年は、再び「石あかりロード」を訪れる方たちを「おかえりなさい!」と出迎える、心のふるさとロードです。

日本一の石「あじ石」を産出する牟礼町は職人の町。技術の町。
その石の技術者たちが心をこめて作り上げた石あかりを、沿道のみなさんが守り続けてくださいます。
この2ヶ月、夕暮れになると、石あかりに灯をともしながら、まちのあちらこちらから聞こえてくる「こんばんは」「おかえり」「どこいっとんたんな」の声。
「石あかりロード」の夏がやってきたなと嬉しくなります。

静かに灯りをたどるなら平日の夜。
にぎやかに石あかり月あかりライブや、軽トラショップ、石あかり&げんぺいガイドを楽しむなら週末。いつ来ても、何度来ても、むれ源平石あかりロードは楽しいですよ。

実行委員長 松山 滋